備忘録のためのブログ

読んだ本で紹介されていた本や映画をただ載せてるだけです。


Amazon Redshiftについてのメモ

・インデックスキーやユニークキーの制約がない。

→指定することもできるが、データのアクセスの方法に情報を与えるのみ。

 

・NOT NULL制約もあるがデータが正しいかはチェックしない。

 

SQL MANAGER TOOLが良さげ。

https://www.sqlmanager.net/

 

・テスト環境では、1nodeで良いが、本番だと複数nodeを使用すべき。

 

・alter tableは使用しない。

 

コマンドライン(COPY)かAPIを使用して、データの挿入、更新、削除は行うべき。

→直接は遅い。

 

・挿入、更新、削除後はanalysisかvacuumコマンドを実行すべき。

→データが残ったままになる。(表向きは変更されているが)

 

・列指向型

 

 

以上